最良講座を見極めるポイントを発見!

確実に合格できる通信講座とは

たくさんの通信講座に資料請求をしていると、講座によってさまざまなカリキュラムや教材、金額が設定されていて、迷ってしまうことが多いと思います。
激安価格を売りにしている講座もありますし、逆に高額な受講料で充実した内容を謳っている講座もあります。
「どのような基準で講座を選んだらよいのか分からない!」とお困りの方に、講座を見極めるためのポイントを伝授しましょう。

ベストな通信講座を選ぶための見極めポイント

  • 通信講座の専門校であるか
  • テキストや講義DVDの質が高いか
  • サポートがしっかり受けられるか
  • 内容に対して受講料が適正であるか

これらのポイントは、当たり前の項目のようにも思えますが、実際にすべてを満たしている講座を探そうとしても、なかなか見つからないものです。

まず、通信講座専門の学校であることにこだわって選んでいる人は少ないように思いますが、意外と重要なポイントです。
通信専門校の良い点は、通信と通学の両方の講座を開設している学校でしばしば見られるような、受講生間のサービスの差がないこと。基本的に、通学がメインだった資格予備校などは、通学生向けにシステムが考えられているので、通信生は一部のサービスが受けられなかったりして、悔しい思いをすることがあります。高額の受講料を払ってまで、イライラしたくない、という人はぜひ通信専門校を選んでください。

テキストや講義DVDの質が高いかどうか、判断するのはなかなか難しいもの。
重要なのは、自分がその教材で最後まで勉強を続けられるかどうかを見極めることです。テキストにしてもDVDやCDなどのメディアにしても、受講生がより理解できるように、しっかりと工夫がなされているものかどうかを確認してください。
法律の学習はただでさえ難しく、“とっつきにくい”印象があり、学習を始めようと手をつける前の段階で、すでに高いハードルがそびえています。そのハードルを取り払い、できるだけ低く感じさせてくれるような工夫がなされている教材かどうか、その見極めがあなたの合否を分けるかもしれません。

さらに受講料という難しい問題で悩みますね。
私の個人的な意見では、社会保険労務士講座の場合、受講料は10万円前後というのが妥当な金額のように思います。それより安いものは内容がお粗末であることが多いようですし、10万円より値段が高い講座は、カリキュラムが充実し過ぎていて、すべてやり遂げるのが難しいように感じられたからです。
試験で満点を取ることが目的なのではなく、得点はギリギリでも合格できればそれでよいのですから、必要最小限の教材で確実に合格を狙う講座の方が、体力的にも経済的にも有効だと思います。

以上のようなポイントを踏まえて、数多くの通信講座を選別した結果、私がベストだと判断したオススメの講座について、次のページで解説したいと思います。

次のページ >>